日々の笑顔を大切に・・・。


by rire-rire-rire
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:**保存食**( 15 )

実家で分けてもらった赤しそ。
早起きしたので、赤しそジュース作りました!

葉をもいで、沸騰した湯でクックッ煮出しまして。
濾して、よく葉を絞り、砂糖を加えて再加熱。
仕上げにクエン酸か酢を加えてできあがり。
今回は三温糖と上白糖、黒砂糖を5:2:1にしました。
但~し!
高知の黒砂糖を入れたら酸と反応して灰汁のもろもろができてしまいました。
次回からの教訓。
でも、悪いものではないので、濾して終了。
熱いうちに瓶詰めしました。

最近、通販で韓国の「ホンチョ(紅酢:ブルーベリー、ざくろ、野いちごの3種類)」を買ったばかりですが、自家製ホンチョもいいもんです~

残った葉を太陽さんに任せて、乾燥させ、ふりかけを作ります!

それはまた…アップすることにします。
[PR]
by rire-rire-rire | 2011-07-11 09:54 | **保存食** | Comments(10)

花梨。

この時期になると、芳香を漂わせてくれる果実、「花梨」。
風邪をひいた時ののどの痛みや普段ののどの調子をよくしてくれるので、
 韓国で言う「花梨茶(モガチャ)」を韓国食材ショップで取り寄せては飲んでおりました。

今回は作ってみようと言うことで・・・
2週間以上前に購入しておいた花梨を追熟させておりました。

・砂糖漬け
・はちみつ漬け
・ジャム2種(シロップを煮詰めるタイプとその残りの果実を使うタイプ)
・種ジュース
                                 を作っております。

部屋中、大好きな花梨の芳香が・・・
花梨の芳香剤があったら買うわぁ・・・なんて思いながら、いそいそと煮込んでおります。

うまくいくと良いなぁ・・・なんて・・・

今年は至る所の花梨の木にたわわに実る花梨。
皆さんもいかがですか?
刻んで乾燥させておいて、お茶を飲むときに加えるだけでもよいそうですよ・・・
[PR]
by rire-rire-rire | 2010-11-18 17:08 | **保存食** | Comments(4)
またもやお久しぶりです。
少し夏バテならぬ「ブログバテ(笑)」のような感じで。
でも、また少しずつアップしていきますね!
おつきあい下さいませ。

では、本題。

ずっとジャムを炊きたくて、ここ2週間くらい無花果を物色しておりましたが、ようやく手頃な物が手に入りましたので(笑)求めて参りました。
約1kg500円!(タイムサービスで1p300円が2p500円に)

少し未熟な感じでしたので、2日置いておいて本日取りかかることに。
まだ未熟な物が幾つかあったので、それは「コンポート」へ。

赤ワイン、水、レモン汁、はちみつでシロップを作り、湯むきした無花果を煮るだけ!
IH口が足りないので、シャトルシェフにて。

その後、湯むきした無花果を半量ずつに分け、1鍋は砂糖を投入(左のびん)。
もう1鍋ははちみつ(右のびん)で作ることにしました。
c0186477_844567.jpg

無花果は比較的ペクチンが多いので、早くジャムが出来ます。
でも、酸味がないので、レモンなどの酸味を加えないと味がしまらない感じ。
我が家にはあいにくレモンもレモン汁もなく・・・(ジャムを炊くというのに・・・笑)
柚子果汁で補いました。
酸味を足すことで、無花果の色味もぱぁっと鮮やかになります。
アントシアニン系の色素が活きるのでしょうね。

重いもん倶楽部活動~
本日は、ルクルーゼのココットロンド:チェスナッツさん。
そして、ルクルーゼのパパラインソースパン:ブルーさん。

このブルーさんは、注ぎ口がついているのでジャムを作るときに便利です~

早速明日、朝のパンでいただきたいと思います。
[PR]
by rire-rire-rire | 2010-10-07 16:32 | **保存食** | Comments(0)

生姜の黒砂糖煮など。

高知の新生姜とミョウガを求めたので、久し振りに保存食づくりに没頭。

★新生姜の黒砂糖煮
新生姜の皮をこそげ、スライス。
鍋に高知の黒砂糖としょうゆを合わせて煮溶かし、新生姜を投入。
途中、白ごまを加え、少し煮詰まってきたら、ここで高知のかつお節を投入。
汁気を吸わせて出来上がり。

だし汁を入れたり、みりんを加えたり・・・
生姜は2~3回湯に通すレシピが多いようですが、私は本当に自己流で簡単な方法で。
今回使った食材で高知産でないものは・・・白ごまのみ。
ほんのり懐かしいようなお味になっております。

★新生姜の甘酢漬
★ミョウガの甘酢漬け
ラッキョウ酢に漬けるだけ。
とってもかわいらしいピンクに染まっていく過程が大好き。
もっとおいしくしたいときは、柚子酢などを適宜加えます。

★ぬか漬け
このところ作っていなかったのですが、新たにぬか床をおこしました。
しばらくは納得いかない味だと思いますが・・・
今度実家でぬか床を少し分けてもらい、ブレンドしようともくろんでおります。
何せ、母の漬けたぬか床は、本当においしいので。

こんな感じで仕事しながら保存食を作っております。
皆さんはどんな保存食を作られますか?
[PR]
by rire-rire-rire | 2010-09-12 22:26 | **保存食** | Comments(2)

プランターガーデン。

昨年に引き続き、プランターでハーブ育てています。
今年はなかなか好調。
バジルも数種類すくすく育ち、何度かバジルペースト作れました。
緑鮮やか、食をそそります。
また、写真とりますね~
[PR]
by rire-rire-rire | 2010-06-16 12:29 | **保存食** | Comments(2)

ジャムの季節。

6月は、とてもジャムが作りたくなる時期です。
最近作ったところで言えば、小夏の皮のママレード。
そして、今日は朝どりいちごをゲットしたので、ルクルーゼロンドチェスナッツ22センチでコトコト煮ております。
(何気に重いもん倶楽部活動中~)

部屋の中がいちごの香りでたまりません。
プレザーブ状態で仕上げようと思います。

皆さんも季節の果物や野菜でジャムなどはいかがですか?
[PR]
by rire-rire-rire | 2010-06-13 22:46 | **保存食** | Comments(0)
キッチンガーデンに伸び盛りのバジルを使って、ペストバジリコ、作りました。
いわゆるジェノベーゼソース。
三種類作ってみました。
スィートバジル
レモンバジル
ルビンバジル&シナモンバジル

バジルにも色々品質があるんですね~

松の実、パルミジャーノレッジャーノ、オリーブ油、塩、胡椒。
市販品、小さなびんで高いの、わかります。

手軽に作りたい時は、松の実ではなく、クルミやカシュナッツ、アーモンドなどでも代用可能!

早速パスタに絡めてみました。
c0186477_15351063.jpg


旨い!
残りは冷凍保存しました。
[PR]
by rire-rire-rire | 2009-08-22 13:24 | **保存食** | Comments(2)
この前、「野菜をたっぷりびんづめに。」(著 石澤清美:青春出版社)を購入。
野菜がたくさん在庫であるので、早速幾つか作ってみました。

●「小ナスのカポナータ」
c0186477_22111336.jpg

家にたくさん茄子があったので、こなすではないのですが作ってみました。
オリーブの実、ニンニク、バジルを加えます。
茄子を素揚げするので、紫が鮮やかです。

●「赤たまねぎの甘酢漬け」
c0186477_22123147.jpg

少しずつ赤くなってくるとのこと。
楽しみです。

●「ぱりぱりキュウリ」
c0186477_22141149.jpg
いわゆる胡瓜のキューちゃんみたいな感じ?
これのみ半量で作りました。
これが一番時間がかかります。
胡瓜を熱湯につけて3~4時間放置してあら熱が取れてから胡瓜を切り、つけ込むだけなのですが・・・。
とってもおいしいです。
レシピの調味料を少し変更して作ってみましたが、これは保存食ヘビロテチーム入りです。

何だか楽しい保存食。
しばらくはまりそうです。
[PR]
by rire-rire-rire | 2009-08-18 18:37 | **保存食** | Comments(0)
今日は天気が良いので、干しもん倶楽部活動。

ターゲットは「リッチーナ(韓国かぼちゃ)」と「田辺茄子(叔父作)」です。     
  c0186477_2114526.jpg
c0186477_2121318.jpg
手早く乾燥させるため、2~3㎜のスライスに。
日の当たり、風の当たりで随分干し具合も異なります。
時々裏返しにいくのが楽しみです。
「ズッキーニ」として売られていましたが、明らかにリッチーナ(韓国かぼちゃ)。
c0186477_20572560.jpg
蔓有りのズッキーニ。普通の「ズッキーニ」は蔓がないですもんね。
今朝、たまたまテレビで・・・
「鎌倉の直売所」でもズッキーニとして売られていました。
癖がなくて、焼いても揚げても煮ても何でもおいしいです。
干すと少し歯応えが増す気がします。
色もクリーム色が濃くなって、料理に彩りをそえてくれそうです。

そして、並行してジャムを炊きました。
学生の時「食品加工学」でM先生に習ってからというもの、ジャムを作るのが好きになりました。
思い立ったら(思い立たなかったら炊かない・・・笑)いろんなジャムを炊きます。
今日は「ブルーベリー」と「アプリコット」。
c0186477_20594076.jpg
c0186477_210931.jpg
ジャム炊きには専用の木べらとルクルーゼが大活躍。
ブルーベリーは、純国産・無農薬☆
高知の実家の庭でとれたものを使いました。
粒がそろっていて、ほどよい酸味で色目もしっかりと出るので、ジャムにおすすめの品種。
・・・といっても何という名前だろう・・・今度聞いておきます(笑)
砂糖と柚子果汁のみで炊きあげました。

アプリコットは、近くのお店で特売になっていた大粒の5粒。
冷凍しておいて水にさっとつければ果皮がツルリン!!!
そのまま鍋でコトコト。
こちらは砂糖のみ。
実家への手みやげにするため、糖度を上げています。

ジャムを炊いた日は、クラッカーとヨーグルトが登場。
鍋に残ったジャムをシリコンベラですくい取ってクラッカーとヨーグルトへ。
温かいジャムもおいしいものですね。
[PR]
by rire-rire-rire | 2009-08-16 19:37 | **保存食** | Comments(4)

梅シロップ。

昨晩、作りました。
叔母に教わった作り方です。
誰にでも作れる、即席バージョンだとか。
c0186477_21544192.jpg

一日経って、梅がしわしわになって参りました。
いつもの作り方とどう違うかな?
もう少し梅が小さくなるまで楽しみにおいておこうと思います。
[PR]
by rire-rire-rire | 2009-07-21 21:17 | **保存食** | Comments(0)